ドラム譜を爆速で覚える方法【楽譜の覚え方4ステップ】

音楽

ドラムの楽譜を覚えるのって大変ですよね。家にドラムがあれば家で練習することもできますが、ドラムを持ってない人にとって「ドラムの楽譜を覚える」って結構難しい。

そこで、今回は「家にドラムが無くても爆速でドラム譜を覚える方法」を紹介します。

 

この記事を読むメリット

・「覚えられない」がなくなります
・「楽譜を見るのがめんどう」がなくなります
・とにかく早く覚えられます
・暗譜していなくても1通り叩けるようになります

これから紹介する方法は軽音楽部(高校)、軽音サークル(大学)でドラムを担当していた僕が行っていた方法です。これをやる前と後では、演奏できる曲数も2倍以上になりました。

では、さっそく見てみましょう。

 

スポンサーリンク


ドラム譜を爆速で覚えるための4つの手順

手順1 まずはドラム譜を写そう

バンドスコアは全パートが載っていますが、個人練習でバンドスコアを使うのはおすすめしません。なぜなら、自分が必要な部分に対して余計なページ部分が多すぎて、練習効率が下がってしまうからです。

 

個人練習でバンドスコアを使うデメリット

バンドスコアはページ数が多いので・・・
・ページをめくるのが大変
・ページをめくることに意識がいってしまい、楽譜のフレーズのつながりに集中できない

・スタジオで練習するとき、ページをめくるという「無駄な時間」が生まれる
・覚えなきゃいけない量が多く感じられる
・結果としてやる気もそがれる

でも楽譜を写すのは時間かかりそうだな

 

たしかに、楽譜を写すのに時間はかかります。

でも、バンドスコアを使って練習するほうが、無駄に時間がかかるんです。

たとえば、スタジオ練習。バンドスコアだと、頻繁にページをめくることになります。ページをめくればめくるほど、このムダな時間は増えていきます。実はこれ、「スタジオの時間とスタジオ代がもったいない」です。集中して練習できないし、ページ数が多いバンドスコアほど「損」です。

 

だから、スタジオでページをめくらなくてすむように、あらかじめ自分のパートの楽譜は写しておきましょう。

 

バンドスコアを写すメリット

・楽譜が1~2ページ(見開き)に収まる
・めくらなくて済むのでストレスなく集中して練習できる
・めくる時間がないのでスタジオ代も無駄にならない
・全体のページ数が少なくなり覚える量が少なく感じられる
・視覚的に覚えやすくなる
・暗譜できてなくても楽譜を見ながら1曲通して叩ける

メリットばかりです。

 

急がば回れです。ひとまずバンドスコアを1曲分用意して写してみましょう

用意する物
・5線譜
・鉛筆
・クリアファイル

 

 

楽譜を写すときは鉛筆がベターです。「♪」の”玉”を書きやすいです。
クリアファイルは楽譜をまとめるために用意します。

 

また、自分だけの楽譜を作ってストックしておけば、あとで「またあの曲やろう」というときもかなり取り組みやすくなります。

 

Next:手順2 具体的な練習方法

スポンサーリンク

コメント受付中! ▼質問・感想お気軽にどうぞ▼