甲種危険物に1発合格!おすすめの参考書は?|国家資格が化学科で取れる

学習

スポンサーリンク

こんにちは。理系のやま (プロフィール) です。

 

僕は大学2年生の12月、1発で甲種危険物取扱者の国家資格を取得しました。

このとき対策に使ったのは、1冊の参考書(わかりやすい!甲種危険物取扱者試験)だけ。

 

そんな僕が今回は、下に書いたような大学生向けに、あなたの悩みや疑問を解決していこうと思います。

・なにか化学科らしい資格をとりたい
・甲種危険物取扱者を取得した人から資格を取得の動機を知りたい
・甲種危険物取扱者におすすめの参考書を知りたい
・どうやって勉強すれば合格できるか知りたい

 

上のように思っている大学生は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

最後まで読み終えた頃には、これらの疑問が解消されているはずです。

 

※とにかく参考書&勉強方法を早く知りたい人、読むのが面倒な人は下記をクリック
1発で合格率30%の甲種危険物取扱者に合格した方法

 

スポンサーリンク



僕が甲種危険物をとった理由ー仕事で使うからではありません

なぜ甲種危険物の資格をとろうと思ったのか。

それは、「化学科卒業」という肩書の他に自分にオリジナリティが欲しかったから。

単に「化学科卒業」というよりも「化学科卒業」✕「甲種危険取扱説明書」の方が、化学により強い人に見えませんか?

僕は「化学科卒」の中でも他の人と差別化したくて取得しました。

 

実際、大学院生の今も「これに役立った!」と言える状況ではまだありません。

それでも、

・社会人になってから資格を取るのは勉強時間を確保するのも大変だし、
・今取れる資格はとっておくとあとが楽だろうし、
・他の化学科生と差別化したいし、
・難しい資格をとれたら自信につながるし、
・将来思わぬところで役立つかもしれない

と、大学生の今この資格を取得するメリットは十分。

自分の可能性を広げるチャンスにもなるかなと思って勉強を頑張ってみました。

社会人になるまでの時間を猶予された大学生、せっかくならこの時間をちょっとでも有効に使いたいなと思いました。

 

そもそも甲種危険物取扱者とは

どんな資格?

簡単にいえば、定められる全類の危険物の取り扱い・定期点検・保安の監督をすることができるよ、という資格。

 

実際に危険物の試験を行っている消防試験研究センターのHPを見てみると、

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。

引用:一般財団法人 消防試験研究センター

とかいてます。

要は、危険物質をたくたん取り扱ってたり保管してる場所には「危険物取扱者」の資格をもつ人が必要で、

 

 甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。

引用:一般財団法人 消防試験研究センター

合格すれば、定められる全類の危険物の取り扱い・定期点検・保安の監督ができる特権がもらえるよ、ということです。

 

●危険物の分類●
危険物
1類~6類に分類されていて、

甲種1~6類全部取り扱いOK+6か月実務経験あれば全類の保安監督者になれる
乙種:1~6種を1類単位で受験合格した類のみ取り扱いOK+保管監督者になるには類ごとに6か月の実務経験が必要
丙種灯油やガソリンなど扱える (立ち会い・保安監督者にはなれない)

とランクが決まっています。

ちなみに、
第1類は、 塩素酸塩類、無機過酸化物、過マンガン酸塩類、などの酸化性固体
第2類は、 硫化りん、硫黄、鉄粉、金属粉、引火性固体などの可燃性固体
第3類は、 カリウム、アルキルアルミニウム、黄りんなどの自然発火性物質&禁水性物質
第4類は、 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油などの引火性液体
第5類は、 有機過酸化物、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質
第6類は、 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体
と分かれています。

 

何の役に立つ?(あまり重要なことではない)

大学生ではこの資格が直接何の役に立つのか分かりにくいでしょう。一般的には、つぎの場所で需要があると言われています

・化学系メーカー
・化学工場
・タンクローリー

 

また、甲種危険物取扱者を持っていると化学系の職場で「資格手当」がつくこともあるようです。

 

でも、僕ははじめからこうした仕事をしようと思って資格取得したわけではありません。

他の化学科生と差別化し、オリジナリティ、自分の価値を高めたかったんです。

 

★関連記事

大学生が取っておくべき就活で有利になるおすすめの資格など無い【就活して見えた真実】

 

 

 

合格すると…

こんな免許状がもらえます。

カードタイプであり顔写真つきなので運転免許証のように”しっかりした”免許状。紙ペラでないことからも資格取得のモチベーションになりました。

 

誰でも受験できるわけではない【でも化学科ならほとんどの人が受けられる】

危険物取扱者には甲種、乙種、丙種と3つのランクがあります。

この中でも、甲種だけは、誰でも受けられるわけではありませんこれが甲種危険物の魅力のひとつでもあります。

 

ここで、化学科のみなさんに朗報です。

一般の人は受験資格を得るのも大変ですが、化学科であればほぼ無条件で受けられます。

化学科生であることを活かせる資格であるということ。これも受験を考えた理由のひとつです。

もちろん化学科生でなくても、理系の大学生なら注目したい資格です。

 

✔ 受験資格のある人(ざっくり)

1.化学系の学科を大学で卒業した人

2.大学で化学系の授業を15単位以上習得した人

3.乙種の免許を持っていて実務経験2年以上
または (1類or6類)+(2類or4類)+(3類)+(5類)の計4類の免許を持ってる人

4.化学系を専攻して修士・博士の学位を持ってる人

1〜4番のうちひとつでも当てはまっていれば受験可能!そして注目すべきは2番!これをクリアしてる人は多いのではないでしょうか。

 

☆ 自分の習得した授業が該当するかどうかは「受験案内丨一般財団法人 消防試験研究センター」のHPから確認できます!

 

合格率は?

甲種危険物取扱者の合格率はなんと30~40%

受験資格のない下位資格の乙種丙種の合格率は60~70%なのに、受験資格のある最高位資格の甲種はたった30~40%。

甲種は受験資格がありそれなりにレベルが高い人が受けてるはずなのに、10人に6,7人が落ちている計算になります。逆をいえば、合格できたらそれだけでも「すごい」

 

僕は思います。受ければ多くの人が合格する資格より「難しい」資格に合格するほうがよりかっこいいし価値がある

しかも、合格できないのは単に「優れた参考書」と「よりよいやり方」を知らないだけ。

これから紹介する参考書と勉強方法を知れば、合格可能性はぐっと高まるはずです。

 

免許の有効期限は10年!
でも、運転免許証のように更新すれば再受験の必要はありません。

 

 

では次に、「現役時本気で勉強したのに大学受験全落ちで1浪した僕でも1発で合格率30%の甲種危険物取扱者に合格した方法」を紹介します。

スポンサーリンク

コメント受付中! ▼質問・感想お気軽にどうぞ▼