【1分で解決】ワードプレス “閲覧できません” エラーの対処方法【ConoHaユーザー必見】

ブログ作成に役立つ

スポンサーリンク

こんにちは。理系のやま (プロフィール) です。

 

今回は、【”閲覧できません”のエラーが出た場合の対処法】について紹介します。

 

コードを保存・設定変更しようと思ったら”閲覧できません”と出てしまった

 

そんな問題を解決します。

 

スポンサーリンク



“閲覧できません”のエラーが出た場合の対処法

保存しようと思ったら”閲覧できません”とでてきたんですけど

 

この原因は、サイトのサーバーの設定で「WAF」がONになっているためです。

 

WAFはセキュリティ対策の1つ。主にサイバー攻撃から守ってくれるというもの。

これがONだと、コードを設定&保存するときにはエラーがでてしまうようです。

 

そこで、コードを設定&保存するときはいったんWAFをOFFにしましょう

 

例えば、ConoHaサーバーを使っている人は、以下の手順でWAFをOFFにすることができます。

ConoHaにログインして、
① WINGを選ぶ
② サイト管理を選択
③ サイトセキュリティを選択
④ WAFを選ぶ
⑤ 利用設定をOFFにする

 

WAFをオフにできたら、再度、設定しようとしていたコードの保存(または設定変更) をしてみてください。きっとうまくいくはずです

 

うまく保存できたら、WAFの利用設定はONに戻しておきましょう

 

WAFをONにしてもGoogleアナリティクス等はちゃんと機能するのでご心配なく!

 

※WAFの設定がどこでできるのかはサーバーによって異なります。ご自身のサーバーではどこでWAFの設定ができるのか確認してみてください。

 

ちなみに、ConoHaサイトの表示スピードも速く独自ドメインも1つ無料なので僕はオススメです。

 

もう使ってるかとは思いますが参考としてリンク載せときますね

独自ドメイン無料!ドメイン登録無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

まとめ

問題は解決できましたでしょうか?

この問題、実は僕もブログを立ち上げたとき直面したものでした。

昔の僕は調べても解決方法がなかなか見つからずに苦労しました時間もかかりました

 

今この問題に直面している人にはもっとさくっと問題を解決して、もっと違うことに時間を割けるようにしてほしい。

 

そこで、過去に僕が知りたかったなと思うブログ作成に役立つヒントを他にもまとめました。

よかったら立ち寄ってみてください!

カテゴリー【ブログ作成に役立つ】

スポンサーリンク

コメント受付中! ▼質問・感想お気軽にどうぞ▼